家庭教師を小学生に~TOP>>共働きのお母さんへ

小学生に人気の
家庭教師比較

共働きのお母さんへ

夫婦そろって働いているから、

・子供に寂しい思いをさせている
・忙しくてなかなか勉強を見てあげられない
・家でどう過ごしているか、ちゃんと勉強できているか不安
・塾だと送り迎えをしてあげられない
・下の子も一緒に見てもらいたい

共働きのご家庭には、こんな風に思って家庭教師を選ぶ方が
多いんじゃないかなぁと思います。

かく言う私もそうでした。
自分が側に居てあげられないぶん家庭教師がついてくれれば
全て解決するだろう!
と安易に考えていたんです。
それが大きな間違いでした。

家庭教師なら、ドコでもいいわけじゃないんです。(当たり前かもしれないけど)
各家庭のスタイルに合わせたサポートがあるところとないところでは、
雲泥の差があります。

※ちなみに私が初めて頼んだ家庭教師は、授業日以外は子供ほったらかしで
宿題もロクに出してくれませんでした。そのことについて先生と話す機会を
持ったのですが、やっぱりアルバイト感覚で、子供のことを真剣に考えて
くれてるんじゃないのね・・・と悲しくなりました。

そんな経験を持つ私は、同じ共働きの母として、 こんな家庭教師をお勧めします↓↓↓

共働き家庭が選ぶ、家庭教師の必須条件

①授業日以外の勉強の進め方もしっかり教えてくれる

家庭教師が来てくれると言ったって、結局は週に1~2日の限られた時間だけ。
授業がある日は大丈夫だとしても、それ以外の日にちゃんと一人で勉強できて
なきゃ意味がないですよね。

だから、ちゃんと1ヶ月なり1週間なりの学習計画をきちっと立ててくれた上で、
子供が一人で勉強するときの進め方やペースを指示してもらえないと、
共働きの親は安心できません。
そのあたりを是非確認してみてくださいね。


②親が見えない部分のフォローも手厚くしてくれる

共働き家庭の場合、親が家を空けているときに先生が来る日もあるでしょう。
先生に会うことがないので、親は何もわかりません。
その日に何を勉強したのか、子供がどのくらい成長したのか、
先生とどんな話をしたのか・・・

親切なセンターだと、授業の内容を詳しく報告してもらえたり、
子供の様子を教えてもらえたりします。

逆に不親切なセンターは、内容の薄い報告書を1枚渡されるだけ、
なんてこともあるので気をつけてくださいね。

小学生に人気の家庭教師