家庭教師を小学生に~TOP>>中学受験のメリット・デメリット

小学生に人気の
家庭教師比較

中学受験のメリット・デメリット|基礎知識①


中学受験のメリットって?

基礎知識として、メリットを挙げてみますと・・・
・質が高い授業を受けられる   ・良い友人が得られる    ・大学合格の実績が高い
という感じでしょうか。

例えば、東京大学の合格者で比較した場合でも、 公立校の方が私立高校と比べて多い
はずなのに、私立中学校から入学した生徒が、半数を占めているそうです。
生徒数も、公立と私立の学校では、大きく差があるはずなのに。
なぜ、有名大学に入学する人に、私立学校出身者が多いんでしょうか?

まず一番の理由として考えられるのが、大学受験の対策が充実しているということ。
私立中学校には、大学に関する情報も豊富にあります。
先輩が志望校に入学していることもあるので、話を聞くこともできるのもメリットの1つ。
周りにいる生徒も有名難関大学を志望しているので、 否応なしに目標が決まることになります。

中学受験のデメリットとは?

入学して得るメリットはたくさんありますが、
払わなければいけない代償も、もちろんあります。

塾の指導法では、だいたい小4から3年間で週2~5回通うことになるので、お子さんの体力面の負担も大きく、自由に使える時間が少なくなります
“子供らしく生活すること”と“勉強の両立は難しい”のが現状のようです。
また、時間を費やして受験に臨んだとしても、合格を勝ち取る保証がありません。


また、塾のカリキュラムによっては、テストの点数でクラス分けや席が決まることがあるので、お子さんの性格によっては精神的な負担になることもあります。そのストレスによって、勉強をしなくなる子もいるようです。 そのほかには、公立中学校と比べると通学範囲が広くなる場合が多いので、通学時間が増える、ということもあります。



中学受験に合格するためには?|基礎知識②


合格するために大事なことは、実は【子どもの頑張り】ではありません。もちろん、本人の努力も必要ですが、最も大切なのは【子どもがどう頑張るのか】ということ。勉強の仕方を大きく間違わなければ、偏差値が60以下のお子さんでも、十分間に合うという人もいるんです。

秋以降は、塾を上手に利用しましょう!塾で、模擬試験など受験対策をすることは大切ですが、結局は総合的に習う場所なのです。。。自分の、苦手分野だけを教えてはくれません。
苦手な分野は、家庭教師や自宅学習でしっかり習っていきましょう。


また中学受験は個人戦で行うのではなくチーム戦であるということです。子どもだけ頑張ったって、必ずどこかでガタがきます。子どもにピッタリ合った勉強の仕方を見つけ、親御さんもただ応援するんじゃなく、自分の役割をしっかり理解した上で、子どもをしっかりサポートしてあげましょう。


小学生に人気の家庭教師